生徒36人、ゲームオーバー

R15+映倫

INTRODUCTION

生徒36人 VS 担任教師

突如として自殺暗示催眠をかけられた36人の高校生たち。自殺催眠発動のシグナルは全部で100。死の暗示を解く方法はクラスメイトの死のみ……。原作は、宮月新、近藤しぐれの25万部以上を売り上げる同名ベストセラーコミック。宮月は、集英社「グランドジャンプ」にて連載中で映画化された「不能犯」や白泉社漫画アプリ「マンガPark」で人気連載中の「虐殺ハッピーエンド」の原作を手がける俊英だ。平和な日常が崩れ去るリアルな恐怖、「シグナル100」の謎……。ゲームは動き出したら、止めることができない。その結末は、原作とは異なるオリジナルとなり、想像を絶する展開へと発展していくー。

主演は、橋本環奈。2019年に二本の主演作『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』『午前0時、キスしに来てよ』のほか、『十二人の死にたい子どもたち』『キングダム』と計四本の話題作に出演、絶大な人気を誇る。絶望的な状況下、持ち前の行動力と芯の強さを発揮し、事件の解決に奔走する正義感の強いヒロイン・樫村怜奈を演じる。コメディエンヌとしての才能を開花させた橋本が一転、鬼気迫る演技で新境地を見せる。
共演は、小関裕太、瀬戸利樹、甲斐翔真、中尾暢樹、福山翔大、中田圭祐、山田愛奈、若月佑美、前原滉、栗原類、恒松祐里ら、ネクストブレーク間違いなしの若手実力派が結集した。教師・下部役は、歌舞伎俳優の中村獅童が務める。生徒を恐怖のどん底に突き落とす衝撃的なヒールを演じている。

脚本は『20世紀少年』(全3章)、『GANTZ』、『ドラゴンボールZ 神と神』、『ザ・ファブル』などを手掛けてきた渡辺雄介。音楽は、JUJU、EXILEら数々のアーティストに楽曲提供、アレンジ、プロデュースを行い、日本レコード大賞など数々の受賞歴を誇るJin Nakamura。監督は、デビュー作『さまよう小指』(14)は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014でグランプリ受賞、その独特の世界観には、海外のファンも多く持つ、竹葉リサが務める。
原作コミックの壮絶な描写に、連載当時から実写化不可能といわれた超問題作である本作は、スペインで開催される世界三大ファンタスティック映画祭の一つである、第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭のMidnight X・Treme部門に選出。世界の映画ファンをも驚かせている。

2020年/シネマスコープ/88分/R15+

皆を返してよ

死んじゃうかもしれない

後催眠 ただの人殺しだよ

君たちのためなんだ

こいつに騙されるな

本当に邪魔

どうしちゃったんだよ

100の自殺合図

STORY

ようこそ、最狂最悪の自殺ゲームへ

朝。まもなく始まる学園祭の準備で慌ただしい日々を送る聖新学園高校3年C組の生徒たち。担任教師・下部(中村獅童)に視聴覚室に呼び出された樫村怜奈(橋本環奈)ら36人は、突然、不気味な映像を見せられる。それは≪自殺催眠≫の暗示だったー。
その催眠発動(自殺)のシグナルは、全部で100種類。「遅刻をする」「スマホを使う」「涙を流す」……何気なく普段行っていた行為が死を招く。学校から出ることも、外部に助けを求めることもできない。死の暗示を解く方法はクラスメイトの死のみ。最後に生き残った者だけが、自殺催眠から逃れられるというのだ。
シグナルを発動させてしまった生徒たちが次々と壮絶な死を迎える中、その謎を明かされないまま、下部は教室の窓から飛び降り、突然の死を遂げてしまう。
絶望的な状況のもと、人間の醜い本性が次々と暴かれ、やがて、生き残りを賭けた壮絶なデスゲームへと発展していく。タイムリミットは夜明けまで。樫村は全員が生き残る方法を見つけようと、この見えない恐怖に立ち向かうがー。
催眠を解くのが先か、自分以外のクラスメイト全員の死を見届けるのが先か!?狂気と絶望のデスゲームの結末とは……!?

CAST

STAFF

  • 原作

    宮月 新

    漫画原作家(ネーム原作家)。「シグナル100」(全4巻)の映画化を記念し、前日譚を描いたスピンオフ「シグナル100零」が「マンガPark」で連載中。その他、連載中の「不能犯」(集英社・グランドジャンプ)、「虐殺ハッピーエンド」(白泉社・マンガPark)、「去勢転生」(白泉社・ヤングアニマルZERO)などがある。

  • 作画

    近藤しぐれ

    「シグナル100」が初の連載漫画。他作品には、会社を辞めて、監禁されることを条件に美人妻と結婚したデザイン会社勤務の会社員の奇妙な新婚生活を描くエロティック・サスペンス「監禁婚~カンキンコン~」(既刊4巻、日本文芸社)がある。

©︎宮月新・近藤しぐれ/白泉社

  • 監督

    竹葉リサ

    1983年生まれ。14年に監督・脚本を手がけた初の長編『さまよう小指』が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」で最高賞とシネガーアワードをW受賞。ロッテルダム国際映画祭、シッチェス国際映画祭にも招待された。2作目の長編『春子超常現象研究所』(15)はモスクワ国際映画祭でも上映。3作目『オルジャスの白い馬』(20年1月公開)は、日本・カザフスタン初の海外共同制作で全編をカザフスタンで撮影。アジア最大級の釜山国際映画祭のオープニング作品に選ばれ、日本勢として16年ぶりの快挙となった。出演は森山未來とカンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞したサマル・イェスリャーモワ。ミュージックビデオやTVCMの監督、小説家、作詞家としても活躍中。

NEXT
  • 脚本

    渡辺雄介

    1979年、千葉県松戸市出身。01年、早稲田大学第一文学部演劇映像専修在学中に日本テレビ系列深夜ドラマSin-D「チェリー」に抜てきされ、脚本家デビュー。主な映画に『20世紀少年』シリーズ(08、09/福田靖、長崎尚志、浦沢直樹と共同)、『GANTZ』シリーズ(11)、『ドラゴンボールZ 神と神』(13)、『MONSTERZ』(14)、『映画 ST赤と白の捜査ファイル』、『ジョーカー・ゲーム』、『進撃の巨人』シリーズ(15/町山智浩と共同)、『ザ・ファブル』(19)など。ドラマには『ブラッディ・マンデイ』シリーズ(08、10/TBS)、『レンタル救世主』(14/NTV)、『dele』(18/EX)などがある。

  • 音楽

    Jin Nakamura

    2001年、作編曲家デビュー。JUJU、EXILE、東方神起、DOUBLE、柴咲コウら数々のアーティストに楽曲提供、アレンジ、プロデュースを行う。近年ではロサンゼルス、アトランタ在住のプロデューサー達とのコラボレーションも深めている。08、2010年に日本作曲家協会賞。2008年にはEXILE「Lovers Again」でJASRAC賞銅賞、EXILE「Ti Amo」では第50回日本レコード大賞 大賞を受賞。主な作品には第52回日本レコード大賞 編曲賞「ふたつの唇」(EXILE)、第53回日本レコード大賞 優秀作品賞「この夜を止めてよ」(JUJU)、第55回日本レコード大賞優秀アルバム賞「ジルデコ5」(Jill-Decoy association)など。

  • 主題歌

    yukaDD(;´∀`)「Carry On」(ワーナーミュージック・ジャパン)

    Twitter

    Instagram

    1999年4月20日、大阪府出身。10歳の頃にたまたま耳にしたクリスティーナ・アギレラの歌に衝撃を受け、その日を境にデジタルネイティブ世代を象徴するかのようにひたすら「ネット⇒耳コピ⇒体現」を繰り返し、ボーダーレスなオリジナリティ溢れる現在のスタイルを形成。音楽プロデューサーとしても名高いJin Nakamura氏が開催した全国オーディションにて驚異的なパフォーマンスを披露し、他を圧倒する。オーディション直後にロサンゼルスで人生初のレコーディングを行う型破りなスタートを切った。力強さと迫力を備えた、日本人離れしたパフォーマンスと世界観は、その先に広がる世界の舞台をはっきりと目標に見据え、周囲を巻き込み魅了していく。

BACK

バドミントン部

樫村怜奈/橋本環奈

  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

誰とでも分け隔てなく接する明るい性格の持ち主で、バドミントン部に所属する。

1999年2月3日生まれ。福岡県出身。小学校3年生より芸能活動を開始。2013年にファンがインターネットに投稿したイベント写真をきっかけに話題が広がり、「千年に一人」と評判になり全国区の注目を集める。以降多数大手企業のCMに出演。第26回「日本ジュエリーベストドレッサー賞」を史上最年少で受賞した他、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」「ネイルクイーン」など数々の賞を受賞。TVドラマ、映画など活躍の場を広げ、是枝裕和監督の映画『奇跡』(11)で初出演を果たし、2016年には『セーラー服と機関銃 –卒業–』で初主演を務め、第40回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。映画主題歌「セーラー服と機関銃」でソロ歌手デビューも果たす。その後、『暗殺教室』シリーズ(15・16)、『ハルチカ』(17)、『斉木楠雄のΨ難』(17)、『銀魂』シリーズ(17・18)、ドラマ「今日から俺は!」などに出演、主役・ヒロインを務める。確かな演技力で、マンガ原作作品から、シリアスな作品まで演じ分ける。2019年公開作には『十二人の死にたい子どもたち』、『キングダム』、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』など多数の話題作に出演し2019年12月には『午前0時、キスしに来てよ』が公開。

BACK
NEXT
  • 予告
  • 超特報